現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 戸籍・住民票・印鑑
  4. 住民基本台帳
  5. 電子証明書の交付(公的個人認証サービス)

電子証明書の交付(公的個人認証サービス)

公的個人認証サービスとは

今後、様々な行政手続がインターネットを通じてできるようになります。この際、他人によるなりすまし申請が行われていないことや、利用者からインターネットを通じて送信される電子データが途中で改ざんされていないことを行政機関が確認する機能が必要になります。公的個人認証サービスとは、電子証明書を交付することにより、こうした機能を全国どこに住んでいる人に対しても提供するものです。

電子証明書とは

電子証明書には、利用者から行政機関へインターネットを通じて送信される電子データが利用者本人により作成されたことを行政機関が確認するために、住民基本台帳に記録された氏名、住所、生年月日及び性別と、利用者が電子署名(暗号技術などを利用し、電子文書などのなりすましや改ざんを防止する技術)に使用する秘密鍵に対応した公開鍵が記録されます。

また、電子証明書には北海道知事による電子署名が施されており、電子証明書が偽造されていないことを確認できるようになっています。

電子証明書は、発行の日から3年間有効です。ただし、有効期間中であっても引っ越しによる住所の変更の場合や婚姻などによる氏名の変更の場合などのように、電子証明書の記載事項に変更が生じた場合は無効となります。

電子証明書は、他人に不正使用されないよう市区町村窓口で利用者本人のICカードに格納されます。ただし、当面は、住民基本台帳カード(住基カード)のみが使用できます。

電子証明書の発行申請

御希望の方に、申請に基づき交付します。

対象者
苫前町に住民登録があって、電子証明書の交付を希望される方
住民基本台帳カードを持っている方(持っていない方は、あらかじめ、住基カードの交付を受けなければなりません。)

受付場所
町民課住民係

取扱時間
8時30分から17時30分(土曜日・日曜日、祝日、12月29日・30日を除く。)

お持ちいただくもの
住民基本台帳カード
手数料(500円)
本人確認ができる書類(運転免許証、パスポートなどの官公署が発行した顔写真付きの書類。なお、お持ちいただいた住基カードが顔写真付きの場合は、当該カードのみで結構です。)

交付方法
その場で、電子証明書を住基カードに記録します。
併せて、利用のご案内(書類)をお渡しします。

電子申請が可能な行政サービス

電子申告を行う場合は、ICカードリーダライタが必要です。OSや環境に応じたものを、公的個人認証サービスポータルサイトでお調べいただいた後、家電量販店などにお問い合わせいただくか、インターネット販売で御購入ください。

現在、公的個人認証サービスを利用して電子申請が可能な行政サービスには、主に次のようなものがあり、順次拡大される予定です。

関連情報

電子証明書の交付(公的個人認証サービス)についての関連リンクです。

情報発信元

税務町民課 住民係

最終更新日:2011年04月25日




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.