現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 税金
  4. 固定資産税
  5. 固定資産税について

固定資産税について

固定資産税とは

固定資産税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

納める人(納税義務者)
原則として固定資産の所有者です。

納める金額
固定資産税=土地・家屋・償却資産の課税標準額の合計×税率(1.4%)

免税
固定資産の課税標準額が次の額に満たない場合は、その資産に対する固定資産税が免税となります。
  • 土地:30万円
  • 家屋:20万円
  • 償却資産:150万円
※例 土地の課税標準額100万円、家屋の課税標準額50万円、償却資産の課税標準額が120万円の方の固定資産税
(100万円+50万円)×1.4%=21,000円
償却資産の課税標準額は150万円未満のため免税されます。

固定資産課税台帳及び、土地・家屋価格等縦覧帳簿の閲覧

苫前町では、町内に所在する自己の資産について固定資産課税台帳を閲覧することができます。固定資産税納税者及びその委任を受けた方については、土地・家屋価格等縦覧帳簿(町内に所在する土地や家屋の価格の一覧表です。償却資産についてはありません。)を縦覧期間に限り縦覧できるようになります。
これは、固定資産税の課税内容を知っていただく機会として、また、他の土地や家屋と比較して自己の資産の価格の適性さを判断できるように設けられているものです。

縦覧期間
4月1日から最初に到来する納期限日まで
(土、日、祝祭日を除く)

縦覧場所
役場1階税務町民課税務係窓口

情報発信元

税務町民課 税務係

最終更新日:2012年04月27日

関連カテゴリー




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.