現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 税金
  4. 固定資産税
  5. 固定資産税(償却資産)

固定資産税(償却資産)

償却資産とは

会社や個人で工場や商店を営んでいる方や、農業・漁業等の事業を行っている方が、その事業のために用いることのできる構築物、機械、器具、備品等の有形固定資産を『償却資産』といい、土地や家屋と同様に固定資産税の対象となります。

固定資産税の対象となる償却資産

土地及び家屋以外の有形の固定資産で、現に事業の用に供しているもの及び事業の用に供することができる資産(無形固定資産及び自動車税、軽自動車税の課税客体を除く。)をいい、その減価償却額又は減価償却費が、法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上、損金又は必要な経費に算入される性格のもの(法人税又は所得税が課されない者が所有するものを含みます。)です。

償却資産の評価及び課税

固定資産評価基準に基づき、取得価額を基礎として、取得後の経過年数に応ずる価値の減少(減価)を考慮して評価します。
(1)評価額の計算
  評価額
前年中に取得した資産 前年前に取得した資産
資産の名称 取得年月 取得価額 耐用年数 減価率
パソコン 平成22年4月 300,000円 4年 0.438%
駐車場舗装 平成23年10月 2,500,000円 10年 0.206%

評価は次のようになります(平成24年度の例)
資産の名称 計算式 評価額 評価額合計
パソコン (初年度)300,000×(1-0.438÷2)=234,300 131,676 2,374,176
(次の年)234,300×(1-0.438)=131,676
駐車場塗装 2,500,000×(1-0.206÷2)=2,242,500 2,242,500


※決定価格が課税標準額(1,000円未満切捨て)となり、課税標準額に税率(1.4%)を掛けると、税額が求められます。

課税標準額(1,000円未満切捨て)
×
税率
税額(100円未満切捨て)
2,374,000 1.4% 33,200円



情報発信元

税務町民課 税務係

最終更新日:2011年08月15日

関連カテゴリー




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.