乳がん・子宮がん・骨粗鬆症検診について

乳がん・子宮がん検診について

乳がんは女性にできるがんの中で1番多く、40代後半にもっとも多く発生しています。また、子宮頸がん(子宮入り口のがん)は過去20年でみると、20~30代に急増しています。
どちらも2年に一度、継続的に検診を受けることで、早期発見・早期治療につながります。
平成28年度より子宮がん検診の中で、HPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)検査も行っています。

集団検診の実施(年1回)

集団検診の詳細表
日程 令和4年12月6日(火曜日)
場所 苫前町公民館(苫前町字古丹別187番地の15)
対象者
  • 乳がん検診(マンモグラフィー)~40歳以上の女性(定員90名)
    • ※昨年度受診者、心臓ペースメーカー等医療機器装着者、豊胸手術経験者は受診できません。
  • 子宮がん検診(子宮頸部細胞診)~20歳以上の女性(定員120名)
    • ※昨年度受診者は受診できません。
検査項目
  • 乳がん検診
    • マンモグラフィー
  • 子宮がん検診
    • 子宮頸部細胞診検査(加入医療保険により個人負担額が異なります)
    • 超音波検査(希望者のみ:個人負担あり)
    • HPV検査(25~60歳の希望者のみ:個人負担あり)
    • 体部検査(該当者のみ:個人負担あり)
※検診日が近くなりましたら、町内回覧などで周知しますので御確認いただくか、保健福祉課保健係までお問い合わせ下さい。

骨粗しょう症検診

骨粗しょう症は、骨がスカスカになりもろくなる疾患です。
御自分の骨密度を知るところから予防を始めましょう。

対象者

30歳、35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳
(令和4年4月1日から令和5年3月31日までに標記年齢に達する)の女性

※詳しくは、町内回覧などで周知しますので御確認いただくか、保健福祉課保健係までお問い合わせ下さい。