現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 健康・医療
  4. 予防・健診
  5. 予防接種について

予防接種について

 "感染症"は予防接種で免疫をつけることによって予防することができます。
 特に子供は発育とともに感染症にかかる可能性も高くなりますので、しっかりと予防接種を受けるようにしましょう。

定期の予防接種

予防接種には、予防接種法に基づく「定期の予防接種」と、それ以外の予防接種(以下「任意の予防接種」といいます。)があります。
 「定期の予防接種」受診については、町から通知等によりお知らせしますので、内容に従って受診してください。
 なお、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、水痘、日本脳炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、高齢者肺炎球菌ワクチンについては、医療機関へ直接申し込みする必要があります。

「定期の予防接種」の種類

・四種混合ワクチン(沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン)
・二種混合ワクチン(DT:ジフテリア破傷風混合ワクチン)
・麻しん(はしか)風しんワクチン
・BCG(結核)ワクチン
・子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)
・ヒブワクチン(ヘモフィルスインフルエンザb型ワクチン)
・小児用肺炎球菌ワクチン
・水痘(水ぼうそう)
・日本脳炎ワクチン
・B型肝炎ワクチン
・インフルエンザワクチン※1
・高齢者肺炎球菌ワクチン※2

※1 インフルエンザワクチンの「定期の予防接種」対象者は、65歳以上の方か、
  60~64歳で一定の障害がある方になります。
  高齢者インフルエンザワクチンは、苫前町に住所がある方で指定された町内
  医療機関にて1,000円で接種できます。
  それ以外の方は「任意の予防接種」としての接種となり、生後6ヶ月から高校生までは
  費用助成がありますので、詳しくは、「予防接種の助成金について」でご確認下さい。

※2  高齢者肺炎球菌ワクチンの「定期の予防接種」対象者は、接種する年度の
  65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳以上になる方か、60~64
  歳で一定の障害がある方になります。
  苫前町にお住まいで対象となる方は、苫前町に住所がある方で指定された町内
  医療機関にて2,000円で接種できます。
  ただし、既に成人用肺炎球菌ワクチンを接種した方は対象になりません。

※3  四種混合、二種混合、麻しん風しん、BCG、子宮頸がん予防ワクチン、
  ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、水痘、日本脳炎ワクチン、
  B型肝炎ワクチンの予防接種は、苫前町にお住まいで対象年齢のお子さまは
  公費負担の対象になりますので、無料で接種できます。

A類疾病とB類疾病について

予防接種には、予防接種法で定められたA類疾病とB類疾病があります。
どちらも「定期の予防接種」には違いありませんが、A類疾病の対象者は、予防接種を受けるように努めなければならないという、努力義務が課せられています。
一方で、B類疾病の対象者には、その努力義務が課せられていません。
また、苫前町では、すべてのA類疾病の予防接種を無料で受けられるようにしています。B類疾病では、接種者に対し、一部自己負担をお願いしています。
A類疾病とB類疾病の種類については、次のとおりです。

A類疾病
  • ジフテリア
  • 百日せき
  • 破傷風
  • 急性灰白髄炎(ポリオ)
  • 麻しん
  • 風しん
  • 日本脳炎
  • 結核
  • Hib感染症
  • 小児の肺炎球菌感染症
  • ヒトパピローマウイルス感染症
  • B型肝炎
B類疾病
  • 季節性インフルエンザ※1
  • 高齢者の肺炎球菌感染症※1
  • 厚生労働大臣が定めるまん延予防上緊急の必要がある予防接種
※1 高齢者に限ります。対象者の詳細については、上記『「定期の予防接種」の種類』をご確認ください。

日本脳炎予防接種の定期接種化について

日本脳炎については、北海道には原因となる蚊がいないことなどから、北海道全域が定期の予防接種を行わなくてよい地域に指定されています。そのため、苫前町においても、日本脳炎の定期の予防接種を行っていませんでした。
しかし、転勤や旅行で道外に出る方も増え、日本脳炎の感染リスクが高まりつつあることを受け、苫前町では平成27年4月1日から、日本脳炎の定期の予防接種を行っています。
対象者については、上記『「定期の予防接種」の種類』をご覧下さい。
日本脳炎はA類疾病に分類されておりますので、対象の方は無料で接種可能です。
町内医療機関で実施しておりますので、接種の際は町内医療機関へ直接お申し込みください。

水痘及び高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種化について

予防接種法の改正により、平成26年10月より水痘及び高齢者肺炎球菌ワクチンが「定期の予防接種」となりました。
水痘はA類疾病、高齢者肺炎球菌ワクチンはB類疾病と分類されています。(A類疾病、B類疾病の違いについては、上記「A類疾病とB類疾病について」をご確認下さい。)
料金は、水痘は無料、高齢者肺炎球菌ワクチンは2,000円となります。
どちらの予防接種も、接種の際は町内医療機関へ直接お申し込みください。
水痘及び高齢者肺炎球菌ワクチンの対象者については、上記『「定期の予防接種」の種類』をご確認下さい。

子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの定期の予防接種化について

予防接種法の改正により、平成25年4月より子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの3ワクチンが「定期の予防接種」となりました。
料金は、全額公費で負担しますので無料です。
この予防接種を接種する際は、町内医療機関へ直接お申し込みください。
なお、子宮頸がん予防ワクチンに関しては、町では積極的接種推奨はしておりません。町内の医療機関で定期の予防接種として接種は可能ではありますが、ワクチンの内容について十分ご理解の上で接種をお願いします。

不活化ポリオワクチン・4種混合ワクチン

ポリオの予防接種は生ワクチンを使用していましたが、予防接種法が改正により平成25年9月から不活化ポリオワクチンを接種することとなりました。
さらに平成25年11月からは4種混合ワクチンが定期の予防接種となりました。
不活化ポリオワクチン・4種混合ワクチンについて詳しく知りたい方は下記リンクを参照ください。

B型肝炎ワクチンの定期の予防接種化について

予防接種法の改正により、平成28年10月からB型肝炎ワクチンが「定期の予防接種」となりました。
料金は全額公費負担となりますので無料です。
平成28年4月1日以降に生まれた方が対象となりますので、予防接種を行う際には町内医療機関へ直接お申し込みください。

任意の予防接種

 「定期の予防接種」以外の予防接種は、「任意の予防接種」となります。「任意の予防接種」は、被接種者と医師との相談によって判断し行われる仕組みになっております。接種費用は原則自己負担ですが、一部の予防接種については償還払いによる助成金の対象となります。受診の際は、各医療機関に直接お申し込みください。

「任意の予防接種」の種類

・おたふくかぜ
・インフルエンザ
・ロタウイルス
*おたふくかぜ、インフルエンザの予防接種は、助成金の対象になります。
 助成金について詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧下さい。

ワクチンの種類と特徴

生ワクチン

細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、接種するとその病気にかかった場合と同じような免疫をつくります。接種後、軽い発熱や発疹の症状が出ることがあります。
(生ワクチンの種類)
 麻しん風しん、BCG、水痘(水ぼうそう)、おたふくかぜ、ロタウイルスなど

不活化ワクチン

菌やウイルスを殺し、免疫を作るのに必要な成分を取り出して毒素を無くして作ったものです。不活化ワクチンの場合は、一定の間隔で複数回接種することにより免疫がつきます。
(不活化ワクチンの種類)
 四種混合、二種混合(DT)、インフルエンザ、ヒブ(hib)、肺炎球菌など

予防接種の間隔について

 予防接種を受けた後、他の予防接種を受ける際は一定の間隔を空けなければなりません。空ける日数は、生ワクチンか不活化ワクチンかで分けられます。(ただし、例外もあります。)
・生ワクチン 27日以上空けてから、次の予防接種を受ける。
・不活化ワクチン 6日以上空けてから、次の予防接種を受ける。

<例外>
4種混合→4種混合 20日以上空ける
ヒブ→ヒブ 4~8週間空ける
肺炎球菌→肺炎球菌 27日以上空ける
水痘→水痘 3ヶ月以上空ける

詳しくは、保健福祉課けんこう係へお問い合わせください。

情報発信元

保健福祉課 けんこう係

最終更新日:2018年01月11日

関連カテゴリー




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.