予防接種について

"感染症"は予防接種で免疫をつけることによって予防することができます。
特に子供は発育とともに感染症にかかる可能性も高くなりますので、しっかりと予防接種を受けるようにしましょう。

定期の予防接種

予防接種には、予防接種法に基づく「定期の予防接種」と、それ以外の予防接種(以下「任意の予防接種」といいます。)があります。
高齢者インフルエンザワクチンと町から通知のある予防接種以外の予防接種について、医療機関へ直接申し込みする必要があります。町から通知のある予防接種についての詳細は「令和4年度町から案内のある定期予防接種日程表」をご覧ください。

「定期の予防接種」の種類

表 : 「定期の予防接種」の種類
定期予防接種
  • 四種混合ワクチン(沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン)
  • 二種混合ワクチン(DT:ジフテリア破傷風混合ワクチン)
  • 麻しん(はしか)風しんワクチン
  • BCG(結核)ワクチン
  • 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)
  • ヒブワクチン(ヘモフィルスインフルエンザb型ワクチン)
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 日本脳炎ワクチン
  • B型肝炎ワクチン
  • ロタウイルスワクチン
  • 高齢者肺炎球菌ワクチン※1
  • 高齢者インフルエンザワクチン※2
注意事項
  • ※1 高齢者肺炎球菌ワクチンの「定期の予防接種」対象者は、接種する年度の65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳以上になる方か、60~64歳で一定の障害がある方になります。
    • 苫前町の対象は、苫前町に住所がある方で指定された町内医療機関にて2,000円で接種できます。
    • ただし、既に成人用肺炎球菌ワクチンを接種した方は対象になりません。
  • ※2 高齢者インフルエンザワクチンの「定期の予防接種」対象者は、65歳以上の方か、60~64歳で一定の障害がある方になります。
    • 高齢者インフルエンザワクチンは、苫前町に住所がある方で指定された町内医療機関にて1,000円で接種できます。
    • なお、生後6ヶ月から高校生までの方は「任意の予防接種」ですが、費用助成がありますので、詳しくは、「予防接種の助成金について」でご確認下さい。
  • ※3 四種混合、二種混合、麻しん風しん、BCG、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、水痘、日本脳炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、ロタウイルスワクチンの予防接種は、苫前町にお住まいで対象年齢のお子さまは公費負担の対象になりますので、無料で接種できます。

A類疾病とB類疾病について

予防接種には、予防接種法で定められたA類疾病とB類疾病があります。
どちらも「定期の予防接種」には違いありませんが、A類疾病の対象者は、予防接種を受けるように努めなければならないという、努力義務が課せられています。
一方で、B類疾病の対象者には、その努力義務が課せられていません。
また、苫前町では、すべてのA類疾病の予防接種を無料で受けられるようにしています。B類疾病では、接種者に対し、一部自己負担をお願いしています。
A類疾病とB類疾病の種類については、次のとおりです。
表 : A類疾病とB類疾病の種類
A類疾病
  • ジフテリア
  • 百日せき
  • 破傷風
  • 急性灰白髄炎(ポリオ)
  • 麻しん
  • 風しん
  • 日本脳炎
  • 結核
  • Hib感染症
  • 小児の肺炎球菌感染症
  • ヒトパピローマウイルス感染症
  • B型肝炎
  • ロタウイルス感染症
B類疾病
  • 高齢者の季節性インフルエンザ
  • 高齢者の肺炎球菌感染症
  • 厚生労働大臣が定めるまん延予防上緊急の必要がある予防接種

四種混合ワクチン(沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン)について

四種混合ワクチンは、百日せき、ジフテリア、破傷風、ポリオの4種類のワクチンを同時に接種することができます。接種対象となるお子さまへは、接種日等を事前に町から通知します。
表 : 四種混合ワクチンの詳細
対象年齢 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満
接種回数 初回3回、追加1回
接種推奨年齢 初回接種 生後3ヶ月~1歳未満
(2回目、3回目は前回接種から20~56日の間隔をあけて接種)
追加接種 初回接種終了から12ヶ月~18ヶ月の間隔をあけて接種
(6ヶ月以上の間隔をあければ接種可能)
接種方法 皮下注射

二種混合ワクチン(DT:ジフテリア破傷風混合ワクチン)について

二種混合ワクチンは、ジフテリア、破傷風の2 種類のワクチンを同時に接種することができます。接種対象となるお子さまへは、接種日等を事前に町から通知します。
表:二種混合ワクチンの詳細
対象年齢  11歳以上~13歳未満
接種回数  1回
接種推奨年齢  11歳~12歳未満(小学6年生)
接種方法  皮下接種

BCG(結核)ワクチンについて

BCGワクチンは乳児期早期に接種することで肺結核は50%、結核性骨髄炎は80%が予防できるというデータが出ています。接種対象となるお子さまへは、接種日等を事前に町から通知します。
表:BCGワクチンの詳細
接種年齢 生後12か月未満
接種回数 1回
接種推奨年齢 生後5か月~8か月未満
摂取方法 経皮接種

ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、水痘、B型肝炎ワクチン、ロタウイルスワクチンについて

予防接種法の改正により、平成25年4月よりヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、平成26年10月より水痘、平成28年10月よりB型肝炎ワクチン、令和2年10月よりロタウイルスワクチンが「定期の予防接種」となりました。
料金は全額公費負担となりますので無料です。接種の際は、町内医療機関へ直接お申し込みください。

日本脳炎予防接種の定期接種化について

日本脳炎については、北海道には原因となる蚊がいないことなどから、北海道全域が定期の予防接種を行わなくてよい地域に指定されています。そのため、苫前町においても、日本脳炎の定期の予防接種を行っていませんでした。しかし、転勤や旅行で道外に出る方も増え、日本脳炎の感染リスクが高まりつつあることを受け、苫前町では平成27年4月1日から、日本脳炎の定期の予防接種を行っています。

対象者については、下記「日本脳炎ワクチンについて、詳しくはこちら」をご覧下さい。日本脳炎はA類疾病に分類されておりますので、対象の方は無料で接種可能です。町内医療機関で実施しておりますので、接種の際は町内医療機関へ直接お申し込みください。

HPVワクチン接種について 平成9年度から平成17年度生まれの女性へ

HPVワクチンは、平成25(2013)年6月から、積極的な勧奨を一時的に差し控えていましたが、令和3(2021)年11月に、専門家の評価により「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、原則、令和4年4月から、他の定期接種と同様に、個別の勧奨になりました。
勧奨を控えていた間、接種機会を逃した方に、国で令和7年3月末まで、希望される方が接種を受けられる機会を提供します。
表:HPVワクチンの詳細
対象者 平成9(1997)年4月2日生まれ~平成17(2006)年4月1日生まれ
※このほか平成18,19(2006,2007)年度生まれの方は通常の接種対象の年齢を超えても、令和7年3月末まで接種できます
接種回数 2価:1か月以上の間隔をおいて2回接種、1回目から5か月以上、かつ2回目から2か月半以上の間隔をおいて3回目接種
4価:1か月以上の間隔をおいて2回接種、2回目から3か月以上の間隔をおいて3回目接種
接種推奨年齢 中学1年生の女子
接種方法 筋肉内接種

高齢者の予防接種について

高齢者肺炎球菌ワクチンについて

対象となる方へは個別に通知しています。対象条件がありますので、ご確認願います。
表 : 高齢者肺炎球菌ワクチンの詳細
対象者
  1. 接種する実施年度において、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳以上になる方
  2. 接種日時点で60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能について、身体障害者手帳1級相当の障害のある方(いずれも苫前町に住所を有する方であり、成人用肺炎球菌ワクチンを今まで接種したことがない方に限ります。)
料金 2,000円(一部自己負担)
※ 医師の診察の結果、発熱などの理由により接種できなかった場合は、1,000円の自己負担が発生します。
接種方法等
  1. 希望する医療機関に直接電話で予約します。
    • *ワクチンの供給状況によっては、予約連絡をしてもすぐに接種できない場合があります。
  2. 予約日に接種します。
  3. 接種後医療機関に2,000円を支払います。
注意事項
  • 町内指定医療機関(苫前クリニック又は苫前厚生クリニック)で接種を行わない場合は、全額自己負担となります。
  • ご本人の接種希望が確認できない場合は、ご家族が接種を希望されていても公費負担はできません。
  • 接種にあたっては、予診票の「高齢者用肺炎球菌ワクチン接種希望書」への署名が必要になります。

高齢者のインフルエンザ予防接種について

表 : 高齢者のインフルエンザ予防接種の詳細
対象者
  1. 満65歳以上の方
  2. 接種日時点で60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能について、身体障害者手帳1級相当の障害のある方(いずれも苫前町に住所のある方が対象となります。また、自らの意志と責任において接種を希望する方に限ります。)
料金 1,000円(一部自己負担)
※ 医師の診断の結果、発熱などの理由により接種できなかった場合にも上記費用がかかります。
接種方法等
  1. 接種時期が近くなると、役場から接種申込書が回覧に合わせて配布されます。その指示に従って申込みをしてください。
  2. 申込み後、役場からご自宅に予防接種の実施通知文書、注意事項記載文書と予診票が送付されます。
  3. 指定された接種実施日に指定された医療機関(病院)へお越しください。その際、「予診票」に必要事項を記入のうえ、必ずお持ち願います。
  4. 医師による問診、診察を受け、医師の了承が得られてから予防接種を実施します。
※終了後、会計にて接種自己負担額(1,000円)をお支払いください。
注意事項
  • 接種の際は指定された日時を厳守してください。指定日時に行うことができなかった場合、全額自己負担になることがありますので、事前にご相談ください。
  • 町内指定医療機関(苫前クリニック又は苫前厚生クリニック)で接種を行わない場合は、全額自己負担となります。
  • ご本人の接種希望が確認できない場合は、ご家族が接種を希望されていても公費負担はできません。
  • 接種にあたっては、予診票の「インフルエンザ予防接種希望書」への署名が必要になります。
  • 町外の介護施設等に入所されている町民の方で、町外医療機関にて予防接種を希望される方は全額自己負担となりますが、本町の予防接種依頼書に基づく予防接種を実施した場合には、予防接種法に基づく健康被害が生じた場合の救済措置が受けられます。希望する方は、入所施設を通じてお申し出ください。

任意の予防接種

「定期の予防接種」以外の予防接種は、「任意の予防接種」となります。「任意の予防接種」は、被接種者と医師との相談によって判断し行われる仕組みになっております。接種費用は原則自己負担ですが、一部の予防接種については償還払いによる助成金の対象となります。受診の際は、各医療機関に直接お申し込みください。

ワクチンの種類と特徴

生ワクチン

細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、接種するとその病気にかかった場合と同じような免疫をつくります。接種後、軽い発熱や発疹の症状が出ることがあります。
(生ワクチンの種類)
麻しん風しん、BCG、水痘(水ぼうそう)、おたふくかぜ、ロタウイルスなど

不活化ワクチン

菌やウイルスを殺し、免疫を作るのに必要な成分を取り出して毒素を無くして作ったものです。不活化ワクチンの場合は、一定の間隔で複数回接種することにより免疫がつきます。
(不活化ワクチンの種類)
四種混合、二種混合(DT)、インフルエンザ、ヒブ(hib)、肺炎球菌など

予防接種の間隔について

予防接種の種類によって、間隔をあける必要のある場合があります。下記「予防接種の接種間隔に関する注意」をご覧ください。

詳しくは、保健福祉課保健係へお問い合わせください。