現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 風車の町
  3. 風力発電
  4. 苫前夕陽ヶ丘風力発電所「風来望」リプレース

苫前夕陽ヶ丘風力発電所「風来望」リプレース

苫前夕陽ヶ丘風力発電所風力発電機3基について、設置から20年を経過し機器の老朽化が進んでいることから、全国初となるリプレース(建て替え)により、新たに大型風車1基を建設し、令和2年3月から運転を開始いたしました。

風車リプレースの経緯

町営風力発電所「風来望」
平成10年度から平成12年度までの3年間で町内豊浦地区に建設した風力発電機3基(600kW×2基、1000kW×1基)は、これまで保守点検や補修を行い耐用年数(17年)を経過した後も稼働を続けてきました。
しかし、修理部品等の調達が困難になっていることや故障頻度が高くなっていること、機器の老朽化などの理由により、風車の建て替えについて、建設コスト、売電価格、収支の状況等を試算、関係機関も含めて検討してきたところ、既設の3基の風力発電機から国道を挟んだ向かい側(山側)に2300kWの新しい風力発電機1基を建設することに決定しました。
新しい風車は、平成30年4月25日に建設工事を着工し、令和2年2月28日に工事が完了、3月2日から稼働を開始し、風のまちとして知られる本町のシンボルとして、順調にエネルギーを生み出しています。

◎売電収入による町民還元
住民生活に役立つ地産地消の実現と、クリーンなエネルギーからクリーンな環境を目指す観点から、リプレースされた風車による売電収入の一部を全町民へ還元するため、一般ごみ排出に係る料金(指定ごみ袋料金・きらりサイクル工房への直接搬入)の減額を実施します。
住民還元の詳細につきましては、下記のリンクをご参照ください。

風力発電機の規格

メーカー・機種 エネルコン社製(ドイツ) E-82 E2
定格出力 2,300kW
ローター(羽根)直径 82m
支柱の高さ 78m
最高点までの高さ 119m

情報発信元

商工労働観光課 商工労働観光係

最終更新日:2020年04月09日




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.