苫前町一次産業就労支援共同住宅建設補助金

苫前町一次産業就労支援共同住宅建設補助金とは

農業及び漁業における労働力の安定した雇用(外国人研修生等の受入など)という課題の解決するにあたり、共同住宅の建設整備に対し費用助成を図り、労働力不足の解消と就労者の生活環境を確保するとともに、基幹産業の安定的な雇用の確保に寄与することを目的としています。

苫前町一次産業就労支援共同住宅建設補助金の概要

概要表
補助対象者 農業及び漁業を営む個人又は法人(苫前町農業協同組合、北るもい漁協協同組合苫前支所、水産加工業者は除く)
補助対象の住宅
  1. 労働力の確保(外国人研修生等の受入れなど)を目的とした共同住宅の新築(作業場及び倉庫等を改修した共同住宅を含む)
  2. 入居可能各階層ごとに、2室以上の居室が設置されていること
補助対象者の要件 全ての要件を満たすことが条件となる
  1. 平成31年4月1日以降に共同住宅を建設し、その所有者となる農業や漁業を営む個人又は、法人の方
  2. 苫前町内に住所を有する方
  3. 町税その他町の収入金を滞納(過年度分含む)していない方
  4. 町内の建設業者(個人事業主含む)に施工させること
  5. 自己又は自己の親族に限定して入居させていないこと
    • ※親族とは2親等以内の者をいう
  6. 建築基準法の基準に適合していること
交付対象とする工事費 入居可能な各階層数1階層当たり、1,000万円以上とする。
なお、階層の工事価格算定は、工事費用総額を建設する階層数で除した価格をもって判断するものとする。
補助金の額 入居可能各階層数1階層当たり、200万円
【入居可能階層数×200万円(1階層当たり)=補助金の額】
補助対象の住宅
  1. 労働力の確保(外国人研修生等の受入れなど)を目的とした共同住宅の新築(作業場及び倉庫等を改修した共同住宅を含む)
  2. 入居可能各階層ごとに、2室以上の居室が設置されていること

苫前町一次産業就労支援共同住宅建設補助金の手続き等

共同住宅建設による補助金を希望する場合は、工事の着手前に申請手続きを行う必要があります。
また、補助金の要件を満たしていない場合や建設後に補助金を交付した日から起算して3年未満で共同住宅を取り壊しや売却等を行った場合は補助金の返還となることがありますので、ご注意ください。

※申請する前に下記のところまでお問い合わせもしくは相談ください。

問合わせ先・担当窓口

商工労働観光課商工労働観光係