現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 生活・環境
  4. 住宅・土地
  5. スズメバチ対策について

スズメバチ対策について

毎年7月から9月にかけてスズメバチの巣が発生します。 発生してから駆除することもできますが、まずは巣を作らせないことが重要です。 このページでは、スズメバチの巣を作らせないための措置を紹介します。

1 スズメバチの巣がないか点検しよう!

スズメバチは5月~6月(春先)に巣を作り始めます。作り始めてすぐの巣は、おおきさ5センチメートル程度で小さく、女王蜂1匹しかいないので、駆除も簡単です。
そのため、まだ駆除が簡単な時期に、スズメバチの巣を見つけておくことは、今後大きな巣を作らせないことにつながっていきます。
スズメバチの巣は、次のようなところに作られます。
・軒下
・解放している物置の天井
・換気口
・床下通気口
・天井裏、壁の中
・木の枝

蜂が侵入してきそうな節穴をふさぐことや、家の周りの不要物(特に木製のもの)を片付けておくことも、有効な対策の1つです。

2 スズメバチトラップを作ろう!

スズメバチの巣を作るのは女王蜂です。
女王蜂は5月~6月にかけて、土の中から出てきます。
そこで、この出てきたばかりの女王蜂を捕まえることで、作られる巣の数を減らす効果が期待できます。

女王蜂を捕まえるために、スズメバチトラップの作り方を紹介します。

スズメバチトラップの材料

1.5リットル~2リットル程度のペットボトル 1本
酒 300ミリリットル
酢 100ミリリットル
砂糖 125グラム

スズメバチトラップ作成の手順

  1. ペットボトルの四方に2センチメートル四方の正方形を描きます。このとき、正方形の中心に横線を入れます。
  2. 千枚通しで正方形の四隅と、中央の横線と縦線が交差するところの6箇所に穴をあけます。
  3. 線に沿って、正方形の縦線の部分と中央の横線をカッターで刻みます。(H型に切ります。)
  4. 刻んだ部分の上半分を外側に折ります(山折り)。下半分は内側に折ります(谷折り)。
  5. 酒、酢、砂糖をよく混ぜ合わせ、ペットボトルの中に入れます。
  6. 注意書きのステッカーを貼り、ひもを付けて完成です。
  7. 高さ2メートルくらいの樹木の日の当たらない場所につり下げましょう。建物に近い場所では効果が落ちます。
  • 1
    手順1
  • 2
    手順2
  • 3、4
    手順3、手順4
  • 5
    手順5
  • 6
    手順6
  • 7
    手順7

問い合せ先・担当窓口

保健福祉課 けんこう係

情報発信元

保健福祉課 けんこう係

最終更新日:2015年05月08日

関連カテゴリー




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.