現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 年金・国保
  4. 国民健康保険
  5. 70歳になられた方の国民健康保険について

70歳になられた方の国民健康保険について

国民健康保険高齢受給者証

  国民健康保険に加入している方で、新たに70歳になられた方には、70歳になる月(1日生まれの方はその前月)に、病院での自己負担の割合が2割(平成26年3月31日までは1割)又は3割のどちらかを示す国民健康保険高齢受給者証をお渡しします。
 高齢受給者証は、70歳になられた翌月(1日生まれの方は当月)の診療から使用できます。医療機関にかかる際には、国民健康保険証と高齢受給者証の両方を提示してください。
 なお、75歳になられた方は、国民健康保険ではなく後期高齢者医療制度の被保険者となりますので、75歳の誕生日以降は、後期高齢者医療制度から発効された保険証を使用することになります。

自己負担割合の決まり方

  原則として自己負担は2割(平成26年3月31日までは1割)ですが、同じ世帯内に国民健康保険に加入している70歳以上の方で住民税の課税所得(課税標準)が145万円以上ある人が1人でもいる場合には、その世帯の70歳以上の方の自己負担割合は、3割となります。
 ただし、次に該当する方は、申請により自己負担割合が2割(平成26年3月31日までは1割)となる場合があります。
国保に加入している70歳以上の人数 基準となる収入額
2人以上 合計年間収入額が520万円未満
1人 年間収入額が383万円未満
 ※申請については、該当と思われる方に基準収入額適用申請書を送付しています。

自己負担割合の変更

  国民健康保険に加入している70歳以上の方が転入又は転出をしたり、世帯を分けたり一緒にしたときには、自己負担割合が変更となる場合があります。

情報発信元

保健福祉課 しあわせ係

最終更新日:2013年07月30日

関連カテゴリー




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.