現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の案内
  3. 保健福祉課
  4. 新型コロナワクチン接種について

新型コロナワクチン接種について

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種は、新型コロナウイルス感染症のまん延防止、死亡者や重症化をできる限り減らすことを目的としています。

苫前町でも、接種準備を進めておりましたが、5月12日から高齢者施設の入所者から接種が開始されました。
新型コロナワクチン接種は、3週間の間隔で2回の接種が必要です。65才以上の高齢者の方々への接種は、順次進めておりますが、2回の接種が必要なため日程が遅くなる場合もありますのでご理解願います。
接種希望者の皆さんへ接種が出来ますので、町から通知される接種予定日までお待ちください。
また、基礎疾患をお持ちで不安な方は、かかりつけ医等に確認をしてください。

接種場所

 町内2箇所の医療機関で接種できます。なお、各医療機関では接種予約(予定変更含む)はできませんので、役場保健福祉課へ連絡をお願いします。
  • 苫前厚生クリニック
  • 苫前クリニック
※医療機関には、必ず指定された時間に接種に行ってください。

接種当日に必要なもの

1 接種券・・・台紙から外さないでください。
2 予診票・・・必ず記入してから医療機関へ持参してください。
3 健康保険証
4 お薬手帳・・・苫前厚生クリニックで接種予定の方のみ

*必ず、肩を出しやすい服装で接種に行きましょう。
忘れ物があると接種できないことがあります。町から送付のあった書類一式を持参願います。

ワクチンを無駄にしないために

新型コロナワクチン接種は、配分されたワクチンを効率的に国が定めた接種順位に基づき、対象者への接種が必要となります。
このため接種当日にキャンセルなどが生じることがあるため、ワクチンが無駄にならないよう接種日程が遅い場合でも町からの連絡がある場合があります。
町からの連絡があった際には、できるだけご協力をお願いします。

接種順位

ワクチンは、一度に供給される量に限りがあるため国で接種順位を定めています。
接種に必要な接種券は、接種順位に応じて順次発送します。次の3及び4に該当する方には、ワクチン接種の意向確認調査のうえで接種券を送付予定です。

1 医療従事者
2 65才以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
3 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設に従事されている方
▼基礎疾患を有する方
ア 以下の病気や状態で通院又は入院している方
・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む。)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(肝硬変等)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏症を除く。)
・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立
支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
イ 基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
4 それ以外の方

長期不在

町外滞在、長期不在の場合は、役場保健福祉課保健係(0164-64-2215)へ連絡をお願いします。

問い合せ先・担当窓口

保健福祉課

情報発信元

保健福祉課

最終更新日:2021年09月01日




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.