現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. こども・育児・学校
  4. 子育て給付制度
  5. ひとり親家庭等医療費助成

ひとり親家庭等医療費助成

苫前町では、ひとり親家庭等の皆さんの健康を守り、安心して暮らせる生活環境を 整えるため、医療費の一部助成を行っています。

対象者

健康保険に加入している方で、
  • ひとり親家庭
    • 18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童と母又は父
    • 学校等に在学する20歳に達する月の末日までの児童と母又は父
  • 養育者家庭
    • 両親の死亡、行方不明等により、他の家庭で養育されている児童と養育している三親等以内の養育者

所得制限あり

所得対象者の範囲
主として本人の生計を維持する者
(母、父、養育者、養育者の配偶者、扶養義務者)

所得制限限度額
扶養親族等の数 所得限度額
0人 2,360,000円
1人 2,740,000円
2人 3,120,000円
3人 3,500,000円
4人 3,880,000円
5人 4,260,000円
上表のうち扶養親族の数が5人を超えるときは、超える者1人につき380,000円を4,260,000円に加算して得た額
※扶養親族等の数は、税法上の控除対象配偶者及び扶養親族の数をいいます。
※所得金額より、さらに控除が認められる場合がありますので、ご相談ください。
(8~12月の間に申請された方は前年の、1~7月に申請された方は前々年の所得が対象となります。)

手続きに必要なもの

印鑑
  • 健康保険証
  • 本人及び扶養義務者等の所得の状況を明らかにする書類
  • ひとり親家庭であることを確認できる書類(戸籍謄本等)

医療機関にかかるとき

北海道内の医療機関にかかるときは、「健康保険証」と「ひとり親家庭等医療費受給者証」を医療機関の窓口に提示すると、助成を受けることができます。(父、母については、入院のみ助成対象となります。)

北海道外の医療機関にかかるときは、いったん自己負担分を支払い、その後、申請により払い戻しとなります。

手続きに必要なもの
  • 印鑑
  • 領収書(診療点数、初診・再診等の確認ができるもの)
  • 預金通帳
  • 受給者証

自己負担額

課税世帯の場合
医療費の1割
  • 課税世帯とは、受給者及び扶養義務者が属する世帯のうち、ひとりでも市町村民税が課税されている方がいる世帯です。
  • 1ヶ月に医科、歯科、調剤薬局等に支払った医療費の合計が自己負担限度額(入院 44,400円 ・ 通院 12,000円)を超えたときは、払い戻しの手続きが必要となりますので、「領収書」「印鑑」「預金通帳」を持参のうえ役場へ申請してください。

3歳未満および非課税世帯の場合
初診時一部負担金(医科 580円 ・ 歯科 510円 ・ 柔道整復 270円)
  • 非課税世帯とは、受給者及び扶養義務者の属する世帯員全員が市町村民税非課税の世帯です。

届出が必要なとき

  • 苫前町外に転出するとき
  • 死亡したとき
  • 住所、氏名が変更になったとき
  • 健康保険証が変更になったとき
  • 受給者証を紛失または、汚損、破損したとき
  • 生活保護を受けるようになったとき
  • ひとり親家庭に該当しなくなったとき

情報発信元

税務町民課 住民係

最終更新日:2011年04月25日




Copyright © 北海道苫前町 All Rights Reserved.